FANDOM


スター・ウォーズ バトルフロントII (2017)はバトルフロントシリーズの4作目となる作品。前作のスター・ウォーズ バトルフロント (DICE)と同じくDICE (EA Digital Illusions CE)が開発を担当し、エレクトロニック・アーツが販売を行う。

『エリート・トルーパー・デラックスエディション』の事前予約を行うことにより、発売日の3日前から本作を遊ぶことが可能となるほか、多くの特典を獲得できる。 (前作と違いスタンダートエディションには3日前からの先行アクセスは付属しないので注意!)

ゲームは主観(FPS)と三人称視点(TPS)の両方の視点を自由に設定してプレイできる。本作では前作と同じく最大40人(20vs20)のマルチバトルが可能なだけでなく、宇宙戦闘などが過去作より復活している。

シングルプレイヤーでは帝国軍のエリート特殊部隊インフェルノ隊の指揮官アイデン・ヴェルシオとなり、スター・ウォーズEP6とEP7に位置するオリジナルシナリオを遊ぶことができる。

バトルフロントIIではEP1~7のキャラクターやステージが登場しており、EP8『最後のジェダイ』に合わせたDLCなども計画されている。これによりバトルフロントシリーズでは過去最大数のキャラクターが登場する。

ゲームモード編集

シングルプレイヤー編集

帝国軍のエリート特殊部隊『インフェルノ隊』の指揮官アイデン・ヴェルシオとなり、スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還スター・ウォーズ/フォースの覚醒を繋ぐ30年を生き抜くストーリーモード。


マルチプレイヤー編集

マルチプレイヤーは地上戦と宇宙戦の二つに大きく分類される。地上戦ではユニットを操作してステージ毎に設定された目標を両陣営が競い合う。宇宙戦では艦隊戦の中で宇宙戦を操り、敵戦艦に侵入し、敵陣営が艦隊の破壊を目指し競い合う。

【地上戦】編集

最大40人が参加する大規模マルチプレイヤー戦闘。原作の物語を再現したステージで勝利をつかめ!

【宇宙戦】編集

最大24人が参加する大規模宇宙戦闘。宇宙戦でのドッグファイトパートと戦艦への侵入パートがシームレスに行われる。

【データベース】編集

ゲームの特徴編集

  • スターウォーズEp1~Ep7までのストーリーを元にしたステージが登場する。(前作はEp4~Ep7のみ)
  • ユニットもEp~Ep7までの主要なものが登場し、実際に使用可能。
    • ヒーローユニットも大幅に追加されており、公式ページではダース・モールの姿が確認できる。
  • 俯瞰視点でも遊べるFPS。FPSの方が有利ではあるが、自動照準の設定が可能でFPSが苦手なプレイヤーでも楽しめる。
  • ダウンロードコンテンツとしてEp8『最後のジェダイ』に関連する追加コンテンツの制作が映画公開に合わせて予定されている。

登場する惑星編集

登場する種族編集

  • 人間
  • ウーキー
  • 追記お願いします。

ギャラリー編集

動画編集

外部リンク編集

バトルフロントII (2017)
クラス アサルト - ヘビー - オフィサー - スペシャリスト - エンフォーサー - エアリアル
ブラスター A180 スナイパー - A280-CFE - ブラーグ-1120 - CR-2 - DC-15 - DC-15A - DC-17 - DLT19D - E-5 - E-5C - E-5S - EL-16 - F-11D - FWMB-10 - FWMB-10K - グリー-44 - GR-4D - M-45 - SE-44 - Valken-38X
スターカード
ヒーロー/ヴィラン ヨーダ - レイ - フィン - ハン・ソロ - ダース・モール - カイロ・レン - ファズマ - ボバ・フェット
増援ユニット
ビークル
ゲームモード
舞台
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。